リムロック活用法

リムロックを取付けられたお宅の中には、使い方にいろいろと工夫をされてより快適に生活をされている方がみえます。ユニークで便利な使い方、参考にされてはいかがでしょうか?

玄関をなくされたお宅

Y邸は身体の不自由な方2名でお住まいです。そのお宅をバリアフリー住宅に改築された際、玄関を無くしてしまわれました。その代わり、南側のベランダから家の東側を通って北側の道路までスロープが設置されています。ベランダの掃出し窓にはリムロック2000(窓引戸用)が設置され、そこが玄関の役目を果たしているのです。

改築を担当されたリフォーム業者の方と「玄関は何のためにあるのか」について話し合われた結果、この設計にされたそうです。Y邸にはその他に東側の中窓にもリムロック2000が設置されており、車椅子での生活を快適に過ごしてみえました。

なお、Y邸では名古屋市からリフォームの補助金を2名分 200万円を申請し、認められました。

※ リムロックの取り付けには各自治体の障害者住宅改修のための
助成金が利用できる場合があります。
地方自治体の定める世帯所得の条件などにより助成金額は異なりますが、
名古屋市の場合「障害者住宅改造補助事業」として1人上限100万円まで
受け取ることができます。
詳しくは各自治体の福祉課などにご相談下さい。

●助成金に関する情報はこちらでもご覧頂けます。


奥の部屋から玄関の開閉

M邸には体の御不自由な方が一人でお住まいで、奥まった部屋で一日の多くをお過ごしです。今回玄関にリムロック2002(玄関引戸用)を設置されましたが、同時に玄関にインターホンも取り付けられました。

来客があってインターホンで話されると、奥の部屋からリモコンで玄関を開けられます。お帰りのときはお客様が玄関を出てからインターホンでその旨を伝えると、奥の部屋からリモコンで玄関を閉められます。もちろん御本人がお出かけの際にも利用されていますし、またそのために玄関には段差解消のリフターも設置されていました。

M邸ではその他に奥の部屋の4枚引き掃出し窓にもリムロック2000が取り付けられており、両方とも非常に便利に使っていますと喜んでいらっしゃいます。

※ リムロックのリモコンは赤外線とは違い電波を使用していますので、
多少の障害物があっても、また15m程度であれば離れた場所からでも操作できます。
(コンクリートなど、素材によっては電波を通さないものもあります。)